コンセプト

旨味の宝庫
極上の逸品
加能ガニ

金沢の冬の味覚

金沢の冬の味覚として有名な「加能ガニ」は、
石川県の漁港で水揚げされるズワイガニのブランド名です。
甲羅の幅が9センチ以上の雄(オス)のズワイガニが、加能ガニと呼ばれ、
本物の加能ガニの証となる、水色のタグが付けられます。

地蟹ならではの、ぷりっぷりの食感と豊かな旨味が非常に魅力的で、
加賀の橋立漁港、金沢港、富来漁港、輪島港、蛸島漁港等で漁獲されます。
11月~3月までの期間限定となっており、北陸の冬の風物詩として知られる加能ガニを求めに、
毎年全国各地からたくさんの人々が石川県に訪れます。

画像:

香箱ガニとは、雌(メス)の加能ガニのことを指します。
香箱ガニは加能ガニほどの大きさはありませんが、甲羅の中には内子・外子と呼ばれる卵を抱えています。
越前がにが有名な福井県では「せいこがに」とも呼ばれています。

独特の風味と濃厚なコクの内子・外子は、オスの加能ガニには無い魅力があり、
漁の解禁日も11月初旬から12月未満までとわずか2ヶ月しか漁ができないため、
とても貴重な蟹として扱われています。

画像:

画像:

画像:

加能ガニを美味しくいただくおすすめの
召し上がり方を4つご紹介いたします。

新鮮な加能ガニを生で味わう刺身は、その甘みと繊細な食感が際立ちます。 獲れたてのカニを素早く捌き、鮮度を保ったまま提供することで、 地蟹の身の甘さと旨味を最大限に引き出します。

特製の醤油や山葵ともに、シンプルにその美味しさを堪能できます。 刺身ならではの口の中でとろける食感は、一度食べたら忘れられない逸品です。

コンセプト

加能ガニを焼くことで、香ばしい香りとしっかりとした旨味を楽しめます。 焼くことで旨味が凝縮し、外はパリッと、中はジューシーに仕上がります。

シンプルに塩だけで味付けするもよし、特製のタレをかけるもよし。 焼きガニの香ばしさと身の甘さが口の中で絶妙に調和します。 かに味噌は濃厚で、独特な風味を楽しむことができます。

コンセプト

  • コンセプト
  • コンセプト
  • ※しゃぶしゃぶには、かに刺しが必要です。

    コンセプト

加能ガニを茹でることで、甲羅は赤くなり、その独特の風味が引き立ちます。 カニ特有の甘みやうま味が凝縮され、深い味わいが楽しめます。

特に旬の時期に食べる加能ガニは、蟹の旨みが最も楽しめます。 茹で料理は、季節感を感じながら食べることができる贅沢な一品です。

コンセプト

加能ガニの鍋は、 カニの身から出る旨味が出汁に溶け込み、 深いコクとまろやかで豊かな味わいが楽しめます。 また味の溶け込んだ出汁で作る〆の雑炊も絶品。

シンプルながらも贅沢な味わいはぜひ一度は味わっていただきたい一品です。

コンセプト